【産前・産後休暇は給料あり?】解説!出産手当金の基本と手続き

  • URLをコピーしました!
花

働くママが安心して出産に臨めるように、産前・産後の給料代わり

「出産手当金」について解説します。


妊娠・出産に関するお金の話全体像はこちら!

あわせて読みたい
【プレママ・パパ必見!】妊娠・出産でもらえるお金7選 花 今回の記事では、妊娠・出産時に受け取りができるお金7選を紹介していきたいと思います。 妊娠、出産は基本的に保険適用外で、自費診療です。 でも、安心してくださ...


目次

産休中の給料は?

産休とは、産前産後休暇の略称で、女性が出産前6週間(多胎妊娠の場合14週間)、出産後8週間に取得する休業のことです。

産休は、労働基準法で定められているママの権利です。


働くママの中には、「産休が取れるのは分かったけど、産休中の給料はどうなるの?」と不安に思う方もいらっしゃると思います。

基本的には、産休中に給料は支給されません。

福利厚生の充実をうたって、産休中にも給与の全額もしくは一部を支給している企業もありますが、多くの企業は無給となっています。


そこで、産休中の給与の代わりが「出産手当金」です。

花

ここからは、出産手当金について詳しく説明します!


出産手当金

出産手当金とは、産前産後の休暇を取得し、会社から給料が支給されない女性に対して、

健康保険から支給される給付金のことです。


誰がもらえる?

出産手当金の支給要件は、以下の3点です。

  • 健康保険に加入している(被保険者である)
  • 妊娠4カ月以降の出産である
  • 産前産後休暇を取得している

出産手当金は、勤務先の健康保険に加入している会社員や公務員が対象です。

ただし、会社の健康保健ではなく、自営業で国民健康保険に加入している方、配偶者の扶養に入っている方は出産手当金の支給対象外となります。

また、雇用形態に関わらず、正社員・パート・アルバイトも支給対象に含まれます。


いくらもらえる?

出産手当金は、以下の方法で計算されます。

  1. 1日あたりの支給金額を算出
    • 支給開始以前の継続した12か月間の標準報酬月額を平均した額 ÷ 30日 × 2/3
  2. 産前産後休暇の取得日数をかける
    • 1日あたりの支給金額 × 産前産後休暇の取得日数 = 出産手当金

標準報酬月額とは、健康保険や厚生年金の算定基準となる額で、年金ネットで調べることもできます。

例:標準報酬月額30万円、出産予定日に出産した場合
  1. 1日あたりの支給金額を算出
    • 標準報酬月額:30万円 ÷ 30日 × 2/3 = 6,667円
  2. 産前産後休暇の取得日数をかける
    • 6,667円 ×(産前42日 + 産後56日)= 653,366円
花

給料の67%が支給されるイメージです。

産休取得中は社会保険料が免除されるため、手取りの約80%がカバーできると言われています。



手続きの方法・手当金支給までの流れは?

手続きの方法や出産手当金支給までの流れをまとめました。

勤務先のルールや加入している健康保険によって申請方法も異なりますので、産休取得前に余裕を持って確認しましょう。

出産手当金の受け取りまでの流れ
  • 産前休暇中
    出産手当金の申請用紙を入手する
    • 加入している健康保険のHPでダウンロードすることが可能です。
    • 「被保険者の記入欄」は予め記入しておきましょう。
  • 出産後
    入院中
    産院に申請用紙を提出し、「医師・助産師記入欄」の記入を依頼する
    • 記入済みの申請用紙は、退院までに忘れずに受け取りましょう。
  • 産後休暇中
    産後休暇後
    勤務先に申請用紙を提出し、「事業主記入欄」の記入を依頼する
    • 記入後、健康保険組合へ提出を依頼しましょう。
  • 出産から1,2ヶ月で出産手当金が振り込まれる
花

特に、出産後は、新生児のお世話で大変な日々が続きます。

事前に申請用紙を準備して、スムーズに手続きを行いましょう!


こんな時はどうなるの?

出産予定日より早く・遅く出産した場合など、こんな時どうなるの?と気になる疑問をまとめます。

出産予定日よりも早く出産した

出産手当金は、産前産後休暇の取得日数で支給額が決まります。

出産予定日よりも早く出産した場合、出産予定日に出産するよりも、産前休暇の取得日数が少なくなる分、支給額も少なくなります。

例:標準報酬月額30万円、出産予定日より1週間早く出産した場合
  1. 1日あたりの支給金額を算出
    • 標準報酬月額:30万円 ÷ 30日 × 2/3 = 6,667円
  2. 産前産後休暇の取得日数をかける
    • 6,667円 ×(産前35日 + 産後56日)= 606,697円



出産予定日よりも遅れて出産した

出産予定日よりも遅れて出産した場合、遅れた日数分も出産手当金は支給されます。

花

出産前は、産前42日・産後56日以上は支給されないのでは?と、

勘違いをしていました。

例:標準報酬月額30万円、出産予定日より1週間遅れて出産した場合
  1. 1日あたりの支給金額を算出
    • 標準報酬月額:30万円 ÷ 30日 × 2/3 = 6,667円
  2. 産前産後休暇の取得日数をかける
    • 6,667円 ×(産前49日 + 産後56日)= 700,035円


早めに出産手当金を受け取りたい

出産手当金は、産前休暇分と産後休暇分など、複数回に分けて申請することも可能です。

前述の『出産手当金の受け取りまでの流れ』では、一般的な流れとして、産前・産後休暇分を合わせて申請しており、産前産後休暇終了後、一定期間を経て出産手当金が支給されるスケジュールとなっています。

そのため、出産手当金を受け取るタイミングがスケジュールとなっています。

例えば、産前休暇と産後休暇で2回申請する場合、出産直後に産前休暇分の申請書類を提出することで、産前休暇分の出産手当金は早めに受け取ることができます。



複数回に分けて申請することのデメリットは、都度、申請が必要な点です。

被保険者・事業主の記入欄については、毎回記入が必要です。
医師・助産師の記入欄は、1回目の申請が出産後であり、証明によって出産日等が確認できたときは、2回目以降の申請書への証明は省略可能となる場合もあります。

詳細は、加入している健康保険へ確認しましょう。

終わりに

今回は、出産手当金についてまとめました。

日々忙しく働くママ。少しでも役に立てれば嬉しいです!


妊婦健診の助成や出産育児一時金について知りたい方はこちら!

あわせて読みたい
【妊娠・出産は保険適用外?!】妊娠・出産に関する助成制度 花 第1子を妊娠したとき、特に費用面が不安で検索魔になりました。 今回は、妊娠から出産までの助成制度をまとめます! 【妊娠・出産は保険適用外?!】 妊娠した際に、費...

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次