【暗号資産を寝かせて増やす】Coincheckレンディングの始め方

  • URLをコピーしました!
花

こんにちは、花です。

先日、暗号資産の貸し出す「レンディング」を知り、早速申請してみました。

暗号資産を持ってはいるけれど、今後の値上がりに期待して長期的に保有する予定!という方も多いのではないでしょうか。

初心者は、日々の激しい値動きに一喜一憂するよりも、暗号資産を貸出して利息を得る方法が合っているのでは?と思い、Coincheckで保有しているENJ(エンジンコイン)の貸出し申請を行なってみました。

目次

暗号資産のレンディングとは

暗号資産のレンディングとは、個人の保有している暗号資産を、暗号資産取引所(Coincheckなど)へ貸出し、一定期間後に利用料を上乗せして返却されるというものです。

暗号資産の価格自体が値下がりするリスクはもちろんありますが、一定期間貸出すだけで利用料分の利益を得られます。

以下のような、メリット・デメリットが挙げられます。

メリット
  • 何と言っても年率が高い(Coincheckでは1年間で5%)
  • 初心者でも利益が得られる
デメリット
  • 貸出した暗号資産は、貸出し期間満了まで動かすことができない
  • 利用する取引所によっては途中解約ができない

リスクを把握した上で、長期保有する場合はレンディングで「寝かせて増やす」ことも検討してみましょう。

Coincheckでのレンディング

CoinCheckのレンディングには以下の特徴があります。

  • 貸付可能な暗号資産の種類が豊富である
  • 貸出期間を14日、30日、90日、180日、365日から選択可能
  • 貸出期間によって、1%から5%までの年率が設定されている
  • 貸出数量の下限は1万円相当以上

それでは、実際にCoincheckでレンディングする方法を確認しましょう。

貸暗号資産口座の作成

Coincheckへの口座開設が完了していない場合は、まず口座開設を行います。

⇨ Coincheckの口座開設はこちら

レンディングには専用の貸暗号資産口座が必要なため、『貸暗号資産サービスに登録する』ボタンから登録手続きを行います。

⇨ 貸暗号資産サービスへの登録はこちら

規約等を確認し、チェックを入れて『貸暗号資産サービスに登録する』ボタンを押します。

貸暗号資産口座への資金振替

貸暗号資産口座が作成されると、以下の画面が表示されますが、貸出可能額は0円の状態です。そのため、以下どちらかの方法で、資金の入金が必要です。

  • Coincheckの通常の取引口座から貸暗号資産口座へ振り替える
  • 貸暗号資産口座の入金アドレスに送金する

今回は、通常の取引口座から振り替える方法で入金を行いました。『振替』リンクを押します。

振替元の口座を「取引」、振替口座を「貸暗号資産」を選択し、暗号資産の数量と種類を設定して、『残高を移動する』ボタンを押します。

残高移動が完了すると、貸暗号資産の欄に数量が反映されます。

暗号資産を貸し出す

画面右上のメニューから、『コインを貸す』を選択し、コインを貸す画面で、貸し出す暗号資産の種類を選択します。

次に貸出期間、貸出数量を設定し、『貸出申請する』ボタンを押します。

継続して貸出しを行いたい場合、「返却時に再度貸出申請を行う」にチェックをしたまま申請してください。

貸出申請が完了すると、一覧に表示されます。

花

お疲れ様でした。

あとは申請が通るのを待ちましょう!

最後に

今回は、Coincheckでのレンディング方法をご紹介しました。少しでもお役に立てれば嬉しいです!

私も現在申請中ですが、Twitter上では暗号資産の種類や貸出期間によっては、中々申請が受理されないという声も見受けられます・・・

Coincheckの公式HPでは、以下のように記載されています。

Q 貸出申請をしていますがいつ承認されますか?

A Coincheckでは暗号資産ごとに当社の借入総額に上限がございます。そのため、借入上限に達している場合、申請をいただいても貸出の承認までお時間をいただく場合がございます。借入可能枠ができ次第、申請順に承認させていただきます。なお、当社借入上限については開示しておりませんので、ご了承ください。

花

申請が承認されるのを、気長に待ちつつ、

他の取引所のレンディングについても調べてみたいと思います!

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次